cinderella パーティードレス通販

大人のドレスがこんな価格で!!30代40代むけのドレスが多い。大きいサイズも品が豊富です。

 

公式サイトはこちら

↓↓↓

キャバスーツでも季節感が大事

一口にキャバスーツと言っても胸元が空いていて露出が多くタイトなもばかりがそうという訳ではありません。

接客に大切なものは笑顔と気遣いだけで無く、その時その時に感じられる季節感も大切です。

どうせ夜だけの物だと軽視せずにキャバスーツという仕事着をお洒落着の様に着こなせたら素敵ですね。

例えば春はレースやフリルを多く使ったキャバスーツが素敵です。

シフォンのレースやフリルは柔らかさを感じ、春のふわりとした雰囲気を感じさせてくれます。

また、春を感じる色を取り入れるよならば黄色、ピンク、水色等が向いています。

これらはお花見のシーズンには本人が意識していなくても必ずドコかで目にしている色です。

シフォンの様にふわりとした雰囲気では無く、レース使いでキャバスーツを着こなすにも春の色はおすすめです。

日本人の肌の色と春の色は合うのです。

ふわふわしすぎて今一と感じる時はタイトなスカートを選べばスッキリと着こなせます。

何故季節感にこだわるかと言うと、やはりサービス業だからです。

例えば冬にレースで肌を見せるキャバスーツを着るとします。

たとえ温かい色のキャバスーツを着ていても、外から入ってきたお客さんには寒そうに見えてしまうのです。

ディズニーの人気女王だとからかわれてしまう可能性もあります。

楽しさを求めに来ているお客さんに寒そうな姿を見せるのは良いことではありません。

また、素材感では冬を表現できても、胸元が空きすぎている、足が出すぎている等では、これもいただけません。

冬は素材も大切ですが、柄物を取り入れると温かみが出ます。

連続する柄は厚みを感じさせるのです。

季節感で難しいのは秋です。

この時期は半袖の人もいれば、長袖の人もいます。

まだ汗をかく人も居ますし、上着を一枚羽織る人も居ますし。

秋は露出を少し控えつつ、透け感を出すとそのに季節の曖昧さに追いつけます。

例えばロングだけどスリットがある、レースだけど露出が少ないキャバスーツが秋に向いています。

色は暖色系が向きます。

こうすることによって曖昧な季節のお客さんからの「暑くないの?」「寒くないの?」という質問を回避できます。

キャバスーツでも季節を感じられればお客さんへもいい接客が出来ますね。

関連記事

ページ上部へ戻る