キャバドレス

結婚式の2次会やママ友とディナーそういった特別な日におすすめしたいショップを激選しました。
そんな毎日も着ないし!
高価なものには手がでないし!
流行もあるし・・・・
でしたら、安くて、普段でも着こなせそうな二次会ドレス・結婚式ドレスそんなアイテムをご紹介!!結婚式・2次会・パーティー・卒業式・入学式にどうですか?ここで選んでママ友に差をつけて!!

FLOWER online

 激安ショップ!パーティードレスからキャバドレス結婚式・2次会・特別な日やどちらかといえばキャバドレスが豊富です。キャバ譲向きのドレスの品揃え!しかも激安。たくさん買っても驚きの値段です

 

キャバドレス通販【TIKA〜ティカ〜】

 

 

キャバ嬢ドレス通販【SOBRE(ソブレ)】

 色違いがほしくなるような素敵なデザイン!カジュアルからドレスまでここですべて揃います。もちろん!激安です。ロングドレス・ミニドレスとキャバドレスもあり

 

ドレス通販ならDazzyStore

 

 

ROBE de FLEURS(ローブドフルール)

 

 

キャバ嬢激安ドレスショップ OF THE RIP

 

 

★ドレス激安【DressLine】

 

ページの先頭に戻る

キャバドレス選び

自分に似合うキャバドレスを着よう

私は以前キャバクラで働いていました。 働くには、やはりキャバドレスは必須です。 キャバ嬢にとっては制服みたいなもので、サラリーマンにおけるスーツのようなものでしょう。 このキャバドレス、お店にもある程度は置いてあり、レンタルすることも可能ですが、駆け出しの頃は借り物のキャバドレスでもいいけれど、やはり本腰を据えて働くとなるといつもレンタルドレスという訳にはいかなくなってきます。お店の常連さんの中には「それ、店に置いてあるキャバドレスだろう」と見破る人もいますし、同僚のキャバ嬢たちが自前の綺麗なキャバドレスを身に着けているのに自分だけ毎回借り物では肩身も狭いんです。 それに、人気商売ですから、自分自身をよく見せるためには自分に似合うデザインのキャバドレスを選んで身に着けるべきです。やはり毎回借り物よりも自腹で自前のものを揃えるほうが得策と言えます。 自分に似合う色、例えば原色なのか淡い色なのか、はたまた柄系なのかを吟味して選びたいです。注意したいのはお店によっては「黒いドレス」を禁止しているキャバクラもあるという点です。 黒いドレスの女の子ばかりだとお店の雰囲気がどんよりするとか、縁起も良くないとか、いろんな意味があるみたいです。私の働いていたキャバクラも黒禁止とまではいきませんがボーイさんがあまり良い顔をしなかったので、私は黒代わりに濃い紫のキャバドレスを着ていました。ギリギリセーフといったところでしょうか。 デザインについても、ホルターだとか、ツーピースになっているとか、スカートの広がりがフレアーになっているもの、チャイナドレスみたいにスリットが入っているものなど多彩です。 ホルターは可愛いんですけれど肩が凝るのが難点ですね。
また、気を付けなければならないのは、パンプスやサンダルを履いた背の高さで選ばないといけないということです。うっかり素の身長を基準に買ってしまうと、思いのほかドレスの裾が短かったり、全身のバランスが悪くなったりします。 さて、お客さんの反応ですが、やはり十人十色です。可愛いドレスが好きという男性もいれば、大人っぽいドレスが好きという男性もいます。ですから、やはり基準は「自分に似合っているキャバドレス」「自分の魅力を引き立ててくれるキャバドレス」を選ぶべきでしょう。 とはいえ、常連のお客さんにこんなドレスを着て欲しいとリクエストをされたり、場合によってはお客さんがお客さん好みのキャバドレスを買ってきてプレゼントしてくれる機会もあるのがこの業界です。
そんなときは似合わないきゃばドレスでも頑張って精一杯着こなすしかありません。

私が着ていたキャバドレス

初めまして。1年ほど前にキャバクラで働いていたことがあるものです。 初めて自分で買うキャバドレスって迷いますよね。そこでどんなキャバドレスがいいかこの記事で書いていきたいと思います。 まずキャバドレスとはどんなものがあるかというとミニドレスやロングドレスやインナーミニロングドレスなどががあります。 ミニドレスやロングドレスは言葉の通りなのですが、インナーミニロングドレスというのは私はキャバクラで働くまで知りませんでした。インナーミニロングドレを説明すると、後ろはロングで前が短い生地になっているドレスのことです。 いろんな種類のキャバドレスがある中で私が主に着ていたのはミニドレスでした。 私が主に着ていたドレスは2つで、1つが白のミニドレス、もう1つが紺色の胸元が開いたミニドレスでした。
私がキャバドレスを選ぶときは自分がテンションが上がるかどうか、自分の肌の色とは合うか華やかに見えるかなどを基準にして選んでいました。 あとは毛深いのがコンプレックスで隠したいところだったので袖が長めのものを選ぶようにしていました。
選ぶときのポイントをまとめると自分のテンションは上がるか、コンプレックスを隠せるか、自分が華やかに見えるかというところだと思います。 それからこれは買って失敗だったなというドレスは、安いけれどすぐに装飾品が取れてしまうドレスやサイズ感が合わなドレスなどが結構ありました。 キャバクラを始めたての頃はそんなにお金もなかったので通販でキャバドレスを買っていたのですが上記したように壊れやすいものなどもあるので、安いドレスはそれなりのものなんだと思って買った方がいいと思います。
私がお客様の反応で印象的だったのは、仲のいいキャスト同士でお揃いの色違いのふんわりした可愛い系のドレスを着ていた人たちがいましたが、あまりお客さんの反応は良くなかったです。 その頃正直私は少し太っていたいのですがそれでも体のラインが出るキャバドレスの方がいいとお客様には言われました。 やはりキャバクラというところでは露出していたりタイトなキャバドレスの方が好まれるなという印象でした。 キャバドレスの相場は通販で安いものなら3000円〜1万円くらいでありました。
先ほど書いたようなすぐ壊れてしまうドレスもありましたが、インターネットで買っても掘り出し物も結構ありました。 でも靴だけはお店で8000円くらいのものを買って履いていました。 やはり靴はサイズ感が違かったりすると不便なので自分の足に合ったサイズのものを少し値段がしてもお店で確かめて買った方がいいと思います。
このような感じで参考になりましたら幸いです。 お気に入りのキャバドレスであなたが楽しくお仕事できますように。

キャバドレスについて

もてなしの仕事に従事する時に、きちんとした格好をしておくことは欠かせません。見た目を楽しませてあげることも、仕事の一つであると言っても過言ではないからです。見栄えの良い服の一つにキャバドレスがありますが、着こなす時にはいくつかのポイントを守ることが必要です。まず、きちんと個人のサイズに合うものを選ぶことがとても大事です。キャバドレスを着た時にサイズが合っていなければ、見た目があまり良い印象にはなりません。小さすぎると窮屈そうな印象を与えることになります。また、大きすぎるとだらしない印象を与えることになるのです。きちんとしたサイズを選ぶことによって、自分の体格を一番魅力的な状態で見せることができるようになるのです。また、キャバドレスを着用する時には、シワやシミなどの汚れが内容にしておくことが必須です。汚れがあると、清潔な印象を与えることができません。また、キャバドレスを選ぶ時に、きちんと色合いを考えることが大事です。肌の色や髪の毛の色を意識してキャバドレスを選ぶと、似合う色を見つけやすくなります。その反対に、似合わない色のものを着ていると、老けた印象や子供っぽい印象を与えることもあるため、注意が必要です。

キャバドレスでできる女性に

キャバドレスはやはりできる女性に見られるのが特徴です、体のラインが綺麗に見れるタイプは色気があります。

またキャバドレスは色もこだわりたいものでしょう、中間色は優しい感じですし白や黒はビジネスウーマンの印象を与えてくれるものです。

男性の好みとしてのキャバドレスはやはり脚ですね、ちらりと見える太ももは健康的でありまた見えそうで見えない色白の肌は触れたくなるものですし見たくなるものです。

体のきれいなラインが見れるものほどよいですがあまりにも露出がすぎるスーツは返って品が無いにで気をつけるべきです。

できる女性はキャバドレスを上手く着こなして男性に見せつけますし醸し出すオーラが違って見えるものです、このように洗練された着こなしこそ必要なものだといえるでしょう。

またキャバドレスはレンタルや購入することも可能ですがどのようなものがあるのかたくさんあるので分かりにくいものです。

初めはレンタルなどから着てみてお気に入りの物が見つかると購入をして行けば良いものでしょう、ただ値段も高いものがあるのでよく検討していくことが必要です。

気軽に買える値段ならばよいですがそう簡単には買えるものでは無いのでよく検討することですね。

 

夜の御商売、お仕事として女性のコンパニオンというのはやはり、多くの男性の目に止まり、ゆくゆくは其のお店の看板女性かナンバーワンを目指すのが普通でしょう。 勿論、アルバイトやパートの立場でお勤めで、其のお店では特に責任などは無いか、完全短期雇われ女性は別でしょうが。

水商売の接客業では、お客の男性を如何に取り込むかというのは女性本人は勿論ですが、お店にとっても大変重要なことです。 ちょっと厳しいお店などは女性にノルマを課せたり男性の指名客の指定人数決めたりと、女性従業員に対して厳しい稼ぎたかを要求させるところもあるようです。

此のように、女性コンパニオンがキャバクラなどで男性客の指名をとって稼げるようになるためには、それなりの女性のやり方も有るでしょうが、先ずは何をやればいいのか、男性客をどのように扱えばいいのかを知ることが大事です。

夜のお仕事の女性達が果たす男性客対処法、

お店によっては、女性従業員の男性客への接客マニュアルというか具体的テクニックというものもの有るようです。 キャバクラで言えることは美人キャバ嬢が、必ずしもお店では成績が良いとは限りません。

先ず第一に女性のキャラもあるのでしょうが、男性客から指名をとるにはまずは上手な会話、話をを盛り上げるところから始まります。 会話そのものが接客でもあり、其の人を楽しませるというのは意外に難しくて実は奥が深いものです。

その為には女性はある意味の教養も大事であり、其のためにな本や新聞を読むことでしょう。 本と言っても特に難しいものではなく週刊誌や月刊誌の類でもいいでしょう。

さて、お店公認でキャバ嬢直伝の「しつこい男性」のやんわり対処法ですが、しつこい客でも「やめてください」とか「それはムリです」といきなり断るとお客の自尊心を傷つけます。 そんな時は、飽くまでもやんわりとお断りします。

其れに会話中は親しい客でも「敬語を常に心がける」。 同席しても常に一定の予防線を張っておく。 危ない時は嫌な架空の男を作り上げる。 其の気がないのに毎回誘われた時は「無期限の用事を作り上げる」。 お茶や食事の後などにホテルへ誘われたら「親や門限を理由に断る」などなど、此のように、キャバ嬢の男性への対処法というのは、お店が必要に応じてつくってあるものと、女性自身が自ら作っておくもの必要かもしれません。

 

ページ上部へ戻る