ママスーツ

ママスーツのおすすめ通販サイトランキング

子どもが大きくなりこれから入園式・入学式や学校行事が多くなり、何かと人目のつくところにお出かけになる年頃になって!!「あれっ!着る服がない」っと、困らないように着こなせるアイテムショップを激選しました。入学式スーツ・卒業式スーツ数多く掲載されています。

アンナドアーズショップ

 スカートからパンツスーツまで豊富に揃ったショップ。卒業式と入学式とでの着こなし方について色々と解説している親切なショップです!

 

ママスーツ通販GIRL

 

 

Pierrot

 

 

結婚式パーティードレス/ワンピース/ダウンコート/毛皮/スーツの通販【RUIRUE BOUTIQUE】

入園式から卒園式までぴったりのママスーツが見つかるかも!!最近話題のショップです。ママスーツを専門に扱うセレクトショップ。40代の奥様にぴったりのママスーツが見つかりますよ

 

小悪魔agehaアゲハ系キャバドレス、パーティードレス通販★ティアリー★

 スーツからインナーボトムまでここでトータルコディネートママスーツからカジュアルそして夜のお仕事をされる方の服まですべてそろった一番をおススメショップ

ページの先頭に戻る

 

 

ママスーツの選び方

入学式や卒業式などお子さんを持つ母親の方は服装に悩んでしまいがちですよね。ですがそんな服装にもう悩まないためにもママスーツを買っておいてはいかがでしょうか。

ママスーツとはその名の通り入学式などのセレモニーの時に着用するスーツのことであります。ではママスーツはどこで購入するべきなのでしょうか。

手っ取り早く購入するためにはインターネットの通販で買うことをオススメします。近くのデパートなどで購入すると被るかもといった心配とインターネットで購入すれば大丈夫でしょう。通販サイトでママスーツと検索すればかなりの色や形などバリエーション豊富に用意されているため選ぶのも楽しそうですよね。

また、入学式においてのママスーツの選び方としてNGな色合いをご紹介します。それは赤や黄色や青などのアクセントになる色は必ず避けましょう。また柄物のタイツやストッキングは絶対に避けた方が良いでしょう。またヘアースタイルは自然なまとめ髪などの落ち着いた髪型にしてネイルなどの小物も落ち着きのある雰囲気に仕上げると良いでしょう。

そういうわけでママスーツのインターネットでの人気店舗をご紹介します。それはアンジェリカと言うブランドです。たくさんの種類が販売されていてオススメなので是非ご覧になってみてください。

ママスーツなら控えめに上品に

子供の入園式、入学式や卒園式などで母親が着るママスーツ選びって悩みのタネですね。

どんな物を着るのが正解なのかとなると地域にもよります。

しかし、ママスーツは子供の晴れ舞台で着る母親の服装ですから、あくまで主役は子供たちです。主役である子供たちよりは目立つ事なく控えめに、しかし周りから浮かない上品さを備えている事が重要です。

基本的には、入園式や入学式は華やかに、卒園式はシックに、というのが普通と考えられています。とはいえ華やかに新たな門出を祝う入学式などの場でも、子供の学校の校風によっては華美に感じられる場合もあるのでなるべく控えめにするのがベターです。

入学式などは品のある明るめの色のママスーツ卒園式には落ち着いた色合いのママスーツを着るというのが多いようですので、周りの方と合わせるのが良いでしょう。

しかし出来れば入学式にも卒園式にも着回せる一着というママスーツがあると便利です。

その場合は、綺麗なベージュやグレーのママスーツを選び、場に合わせてコサージュなどは変えて小物で華やかさや静粛さを表現するのが良いかと思います。

ママスーツは上品さが肝なので、可愛いからといってあまりに短いスカートにすると上品さに欠けるので好ましくありません。

ママスーツは自分を見せる場ではなく、子供の付き添いです

自分の格好が節度を守っているかどうか気をつけたいですね。

 

入学式や卒業式のママスーツの選び方のポイント

子供の入学式や卒業式など特別な日に着るママスーツ選びに悩むお母さんがたは多いでしょう。選び方の基準は人それぞれですからあまり形式にとらわれる必要はありませんが、やはり最低限押さえておくポイントはあります。

入学式や卒業式は春という季節に行われるので、色あいはなるべく明るめのものを選ぶと写真映えもしますしお目出度い雰囲気をより一層引き立ててくれるでしょう。ただしあくまでもベージュ系や薄いグレー系などがおすすめです。淡いピンク系のママスーツも若い年代のお母さんがたには人気があるようですが、お顔立ちなどによっては甘くなりすぎる印象があるので気をつける必要があります。またネイビーやブラックなども選択肢としては可能ですが、やはり春の装いとしては少し重めの雰囲気担ってしまう可能性があります。

ママスーツのスタイルですが、ワンピース、スーツ、パンツスーツの3種類がありますが最も女性らしさを演出できて柔らかい雰囲気を出せるのはワンピースやスーツです。明るく若々しい印象を持たれるシンプルなママスーツは一見単純すぎて面白みに欠けるかもしれませんが、パールやダイヤモンドなどのネックレスを合わせることで引き締まった印象を与えることができます。

このようにママスーツの選び方は、ポイントを押さえてシンプルな物を選ぶようにすれば後々コーディネートも変化をつけて違う場面でも活用することができ非常に経済的です。

ママスーツで悪目立ちしたくない

卒業式・入学式で着るママスーツを選ぶとき気にするのはとにかく着心地。卒業式も入学式も結構長いし、人によっては下のお子さんも一緒に出席しているので会場を出たり入ったりしなければならないからです。動くと生地がすれて音が出たり、ごわごわして動きづらいのはママスーツでは絶対に避けたいです。少しかがんだだけで背中が見えるのも困るので、ジャケットの丈も気にします。

何よりもママスーツで大事なのは「悪目立ちしないかどうか」だと思ってます。

 

自分の好みや冒険心などはママスーツで発揮するものではないと思ってます。卒業式はともかく、入学式で「ちょっとそぐわない」格好をしていたママさんがその後もずっと陰で「あのときあの人あんなスーツだったよね」と言われてたので怖いな、と思いました。

 

スーツの色、スカートの丈、ブランドロゴ、ヒールの高さ、サブバッグ…みんなよく見ています。しかもよく覚えています。それはもう頭のてっぺんから足の先まで。そしてそのスーツの印象で「この人はこういう人」と決めつけます。怖いな、と思いますが、この時の服装さえ間違わなければ変に何か言われたりもしないと思います。

羨ましがられる必要もないのでほどほどの価格帯のほどほどのデザインのものが「ママスーツ」にはぴったりではないかと思っています。

どんな基準で選ぶ?ママスーツ

ママスーツを選ぶ時の基準の一つ目は、デザインです。
スーツを着る機会は、子供の行事(入学式、卒業式など)に限らず主人の会社関係の方とのお食事会やイベント、セミナーなどへ参加するときなど多岐にわたるのでママスーツという視点で選びつつも
他のシーンで着回しができるかどうかという点を想像しながらデザインを選びます。
ママスーツで多いのが淡いピンクのデザイン。見た目にも可愛く、華やかですがどうしても着る季節が限られるため(春、桜の時期にはピッタリですが秋、冬だとピンクは浮いた印象になってしまいます)着回しできるという点では、除外されます。
黒色のママスーツも種類が豊富ですがどうしても喪服のイメージを重なってしまうため選択肢から外れます。淡いグレーや白のママスーツも人気のデザインです。白でもいろんな色合いがありますが
オフホワイトの明るすぎないママスーツなら七五三の写真を撮影する際、子どもとの着物の相性もいいですし顔色を明るく見せるという点で優れています。
また、自分の手持ちのアクセサリーと合わせられるかというのも、ママスーツを選ぶ上で重要なポイントです。襟ぐりの開きぐあいは必ず確認します。最近のママスーツは襟なしのシンプルなデザインが主流なのでアクセサリーも割と合わせやすく上品な印象を与えます。さらに言えば、スカートやパンツのウエスト部分が伸縮性に優れたものであるとなおいいです。
女性は妊娠、出産を経て体型が大きく変化しますのでそのあたりが考慮されたデザインのママスーツは、ありがたいです。
ママスーツを選ぶ基準で、どうしても外せないのが動きやすさ。特に活発な男の子ママにとっては動きやすさというのは最重要ポイントと言っても過言ではありません。スーツであっても、両手を上げたり肘を曲げたりする動作が楽にできるもの、素材が柔らかく、子供を抱っこした時に子どもの顔に触れても子どもが嫌がらない素材であることはママとして必然的に考慮するポイントです。
ママスーツを選ぶ基準の最後は価格帯です。ママスーツの価格帯は安いものだと8000円台からありますが、15000円台くらいのセットがデザインも豊富で上質な素材のものが多いです。
もちろん、もっと高価なママスーツもありますがあまり値段が高いものだと「高かったから」というだけで手放しにくくなってしまうのもまた事実。
ママスーツの流行は年々少しずつ変化していますし、ママスーツを新調することは、子育て期のママにとっては少し贅沢な自分へのご褒美なので手頃な価格のものを数年楽しんで古く感じたら手放して、新しいママスーツを購入するというスタイルの方が個人的には好きです。

ママスーツだっておしゃれに見られたい!

 小さい子どもを育てていると、ママの洋服は動きやすさや洗濯しやすさを重視して選びますよね。独身時代短いスカートに高いヒールで闊歩していた方も出産を機にファッションの傾向が変わることは多いのではないでしょうか。しかし、子どもの入園式や卒園式を控えると気になってくるのがママスーツ。専業主婦をしていると特にスーツとは無縁な生活。どんなママスーツを選べばよいのか困ってしまうこともあるでしょう。
 一般的に、卒園卒業式など別れの式典では黒や紺など濃い色のママスーツが良いとされています。逆に入園入学式では白や明るいグレーなど華やかに見える色を選ぶママが多いようです。しかし、一年に何回着るかも分からないママスーツ、色を分けて何着も買うのは不経済ですね。今はワンピース+色違いのジャケット2枚という3点セットなどもあり、リーズナブルに違う印象のママスーツを揃えることが出来ます。
 何年経っても着まわせるように無難なデザインが多いママスーツですが、個性を出したい方は、コサージュやアクセサリーで周りのママに差をつけてはどうでしょう。コサージュは布製が一般的ですが、生花やドライフラワーを使うのもステキですね。イヤリングやネックレスで流行を取り入れるのもさりげなくて良いのではないでしょか。
 式典では、みんな自分の子どもしかみていないようで、意外と周りのママの格好も気になっているはず。短すぎるスカートややけにキラキラした格好では、周りから浮いてしまう可能性もあります。まずは式典の意味を考え、その場にふさわしいママスーツを選ぶことを忘れずに。
 ママスーツが決まったら、次はバッグですね。卒園卒業式に濃い色のスーツを着るとしても、バッグまで黒にする必要はありません。逆に、コサージュやバッグを明るい色にして抜け感を作るとバランスが取れて良いかも知れません。お別れの式典ですが、決してお葬式ではありませんので。ただ気をつけたいのは、ブランドロゴが全面に入ったようなバッグ。周りのママさんの視線が痛いかもしれません。ママスーツに合わせて小さめのバッグを持つ方が多いと思いますが、サブバッグの持参をおすすめします。お祝いの品や書類など意外と荷物がかさばるので、黒や紺など無難な色の折りたためるバッグがあるといいですね。
 あくまで主役は子ども達。とはいえママだって綺麗でいたい!節目の年にしかない特別な式典です。自分の納得のいくママスーツに身をかため、数年後に子どもとアルバムを開いたときに「この時のママ、綺麗だったよ」と言ってもらえるように努めたいものですね。

ママスーツ選びはオーソドックスが一番!

入学式や卒業式の主役は子供達。それは解っているけれど、子供に華を添える意味でもある程度はきちんとした支度を整えたいのがママたちの本音です。でも、ママスーツの選び方って意外に知らないもの。
そこで、ママスーツをどんな基準で選べばハズレないのかを考えてみましょう。
まず、ママスーツは地域の常識に基づいて選ぶのが重要です。住んでいる土地柄、通う学校によってママスーツの傾向が異なるので注意しましょう。ある場所では、入学式は明るめのスーツで反対に卒業式では黒。
別の場所では、卒業式には寒さ対策でコート着用するから意外に何でもよい、等。解らない時には先輩ママに聞くのが一番。記念写真などを見せてもらいながら、アドバイスを聞くと間違いありません。
また、ママスーツはカラフル過ぎてはなりません。春の入学式には若々しいパステルカラーのママスーツを見かけることもありますが、それ以上華美にならないように気を付けましょう。
必要以上に目立つことはタブーで、気合を入れたつもりが子供に恥を掻かせてしまうことになりかねません。ダークカラー以外のスーツを選んだ場合にはシンプルなスタイルであることはもちろんのこと、インナー、ネックレスやコサージュなどのアクセサリー、靴、バッグを没個性で統一することをお薦めします。ストッキングのことも忘れずに。ママスーツに合わせたナチュラルなカラーを選んでください。
更に胸元が開き過ぎたママスーツも考えもの。あくまでも保護者の立場で出席するのですから、品のなる着こなしが必須です。ラメ生地でキラキラしたインナーや表柄などは上品さに欠けるため、避けたほうが無難。
スカート丈も長めにしておいたほうがいいでしょう。椅子に座る機会があるので、あまりにも丈が短いと困ってしまうなりかねません。
何事もTPOが大切です。うっかり入学式での装いにしくじって、下手に目立ってしまうことのないよう、慎重にママスーツを選びましょう。
一番失敗のない選び方の王道は、オーソドックスなものを意識することです。ママスーツは選び方次第では、何度でも着回しできるのですから。例えば、紺やグレーを選べば人の記憶にも残り辛いので、数回の入学式や卒業式で着回せます。アクセサリー等で工夫し、多少のアレンジを加えれば、保護者に相応しい品のある装いになること間違いなし。また、パパと一緒に出席する時には色のトーンを合わせるのもオシャレです。
きちんとした感を出すのは披露宴等のパーティーと同じですが、参加の趣旨がまったく異なることを肝に銘じておけば失敗はないでしょう。

ママスーツ選びで押さえるべきポイントとは?

卒業式や入学式シーズン、我が子の晴れ舞台に心が浮き立つ反面、自分はそんな格好で出席すべきか悩むお母さんは意外と多いと思います。そんなお子さんの行事でのママスーツの選び方にはいくつかの押さえるべきポイントがあります。
 まず、何と言っても主役は子供達であることから悪目立ちはしたくないですよね。なので、あまり派手な柄のママスーツや斬新すぎるとんがったデザインのもの、華やかすぎるパステル調のものなどは避けたほうが無難でしょう。パステル調はいいんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、これは学校の雰囲気にも寄ります。公立などで比較的カジュアルな格好や自由な格好にも寛容な雰囲気の学校では華やかなパステル調のママスーツもありだと思いますが、クラシカルで伝統的な私立の学校では意外とパステル調のママスーツは市民権を得ていない場合もあるので注意が必要です。
 また、紺色や黒のかっちりしすぎたデザインのママスーツも面接官ですか?という固い印象を与えてしまうので注意が必要です。表立って批判されることはないかもしれませんが、場の空気をちょっと暗くしているかも?と思われていることはあるかもしれません。紺色や黒のママスーツは本来着まわしもきくし、悪くはないですから、女性らしいデザインやちょっと可愛げのあるデザインを選んだりして、固くなりすぎない印象にしたほうがいいでしょう。また、ヘアスタイルや小物で全体を柔らかく仕上げる工夫などもしたほうがいいかもしれません。
 おすすめのママスーツは、やはりベージュやアイボリーなどの優しく薄い色合いで、華美すぎない上品なデザインのものでしょう。あまり高価なママスーツでなくても、上品な色味とデザインであれば安っぽく見えないし場の空気にもさりげなく溶けこめるナチュラルさがあって断然見栄えも良いものです。迷ったときにはその道のプロである販売員のアドバイスも参考にしてみると良いでしょう。最近の学校事情やママスーツのトレンドに精通していることも多いので、同じくらいの年齢層の販売員に聞いてみるのも手ですね。また、ママスーツ着用時は長時間同じ姿勢でいることが多い上、一度購入したら長く着るものなので、デザインや色味だけではなく着心地も非常に重要なのできちんと試着をして自分の体に無理のかからないデザインであるかなどをしっかり確認してから購入するようにしましょう。
 我が子の門出を心から祝福するためにも、自分にとってベストなママスーツで行事には参加したいものですね。

ママスーツ選びに重視したいこと。

子供を持つままなら、必ずママスーツは1着や2着は必ず持っていると思います。そこで、私が普段からママスーツを選ぶ時にどんな事に気をつけて選んでいるのか、どんな場所で選んでいるのかをまとめたいと思います。まず、ママスーツを着る場面はどんな時なのか?それは入学式、卒業式、役員などで行事に参加する時、保護者会、仕事帰りに学校の行事へ行く時などなどがあります。ママスーツって着ることがある?と言うママ友もいますが、私の場合は以外と年間を通じでママスーツの出番は多くあります。なので、ママスーツを選ぶ時は単体でも着られるタイプものもや、上下別々になっているものなどを選ぶ様にしています。
ジャケットタイプもママスーツやノーカラータイプの上着を選んでいると、上は上、下は下だけでも気回しが効くので、私は上下が離れているタイプのままスーツを選んでいます。
ママスーツのスカートって意外とどんなものとも合わせられるので、私は重宝しています。色も基本色(黒、グレー、紺、ベージュ)なものを選んでいると、保護者会の様な少しアットホームな場ではママスーツのスカートをニットを合わせて着る事も出来るのです。また黒やグレーのママスーツのジャケットは公式の場に着るスーツとしてのお役目をごめんとした後はデニムと合わせる事もよくあります。おしゃれ上手なママ友を見ていると、意外とママスーツを上手く再利用しているのです。私はママスーツを購入する時は値段設定も決めています。ハイブランドの物は手がないので、1万円~5万円くらいと決めています。
年間に1着程度の購入の時は頑張って5万円くらいのママスーツを買う事もありますが、年間に2着3着購入する場合は1万2万程度のものを買います。インナーやブラウスを少しおしゃれなものや変わったデザインのものにすれば、1万円~2万円程度のママスーツでも充分おしゃれでスタイリッシュに見えるのです。
またママスーツはアクササリー次第もぐんと値段が高いものに見える場合もあるので、アクセサリーは本物を一点つけたり、豪華な造花系のものを選ぶことが多いです。アクセサリーや造花で全く別物のママスーツに見えるので、その辺りは工夫する様にしています。今後も暫くはママスーツの出番が多くなりますので、決してけばけばしくならない様に!品が良く見えるようなものを選んで上手にママスーツを着まわしたいと思います。その為にはママスーツがお得に買える場所の情報などをこまめにチェックしたいと思っています。

ママスーツ選びで気を付けたいのはカラー

子供の入学式と卒業式。付き添うママの衣装は、やはりスーツが無難です。ジャケットとワンピース、ジャケットとスカートなどいろいろありますが、ママスーツ選びは、なかなか難しいものです。自分に似合うものを選びたいけれど、一人だけ目立っては自分も落ち着かないし、子供も恥ずかしがるし、他のママたちに合わせる必要があります。親しいママたちに、それとなく何を着ていくかは聞いておくのが一番です。先輩ママの意見を聞いて、ママスーツ選びの参考にするのもよいでしょう。
一人だけ色合いが違うというのは、とても目立つものなので、ママスーツを選ぶとき、何よりも注意したいのはカラーです。
ママスーツのカラーは、一般的には、入学式は明るめのパステル調のカラー、卒業式は、紺や黒、グレーなど、地味目のカラーという無言のルールがあるようです。新たなスタートとなる入学式は明るい色、お別れの日でもある卒業式は抑え目の色合いで、ということでしょう。卒業式は黒でもOK、とはいっても、冠婚葬祭用のブラックフォーマルを着ていくのは避けた方がよいでしょう。女性のブラックフォーマルはお葬式のイメージが強いので、アクセサリーで変化をつけたとしても、何となくわかってしまうものだからです。
子供が中学生、高校生と成長するにつれて、入学式のママスーツも、パステルから離れていく傾向があるようです。この頃になると、紺やグレーの他に、茶系のママスーツも人気が出てきます。これは、ママたちも年を重ねて、そろそろパステルは…という年齢になっていることも関係あるでしょう。それに、入学式用と卒業式用、カラーの違う2着のママスーツを用意するとなると、靴やバッグも揃えなければいけないし、かなりの出費になります。できれば、1着のママスーツを、入学式と卒業式の両用にしたいと考えるママも少なくありません。そういった着回し用に、ジャケット1着に素材違いのスカート2種類がセットになっているママスーツもあって、これはなかなか便利です。ブラウスとスカートを変えることで、全く違う印象となるコーディネートが可能です。また、ジャケット&パンツ&スカートがセットになったママスーツは、学校行事以外のシーンでも着回しがきいて、便利です。
ママスーツを選ぶとき、手持ちの靴やバッグを考えてカラーを選ぶのも効率的ですが、予備のバッグとして、黒の大き目の携帯用トートバッグを用意しておくと便利です。入学式、卒業式は帰宅時は荷物が増えていることが多いのもの。使いまわしもきいて実用的です。

2着あると嬉しいママスーツ選び

子供の入学式・卒業式に参列する時に着るママスーツ選びで、どのようなスーツがいいのか迷ってしまいます。年に何度も着る機会があるものではありませんが、間違ったママスーツを選んでしまってはお母さんたちの中で浮いてしまいます。どんなポイントに絞って選ぶと良いでしょうか。まず無難なママスーツを選びたいと考えているのなら、その学校や幼稚園の卒業生のお母さんたちにアドバイスを求めてみましょう。モノトーンが多いのか、パステル系が多いのか、よく選ばれている色のママスーツを着ることで浮いてしまう心配がなくなります。ママスーツはOLのスーツとは違いますので、ふんわりとした柔らかい雰囲気のシルエットが好まれます。スカートは膝丈程度でタイトよりは若干フレアのある形が理想的です。周囲に参考に聞くことが出来ないという場合には、一番無難なママスーツの色はモノトーンです。卒業式では黒を着ておけばまず間違いがありません。ただ黒ですと地味すぎる印象がありますので、中に着るブラウスで華やかさを演出します。シンプルなものよりもフリルがたっぷりあるようなものだとリクルートっぽさもなくなり女性らしさを全面に出すことができます。
入学式と卒業式では、やはり入学式のほうが華やかなママスーツが好まれます。柔らかい印象のあるパステルカラーや白だとまず問題なく浮いてしまう心配はありません。入学式の時にもフォーマルなモノトーンを着ることはありますが、少し地味な印象になってしまいます。明るい色のスーツがないという場合にはコサージュだけでも明るい色を選びましょう。グレーのような地味な色の場合には、コサージュ、バッグ、パンプスなど小物の色を揃えて華やかにすることでシックだけどオシャレな印象にもなります。1枚しかママスーツを購入しないというのなら、入学式にも卒業式にも着ることが出来るのはグレーです。
入学式の時にはブラウスの色を明るくして小物も明るい色を選びます。入学式と卒業式ではブラウスを替えることで雰囲気を変えることもできます。入学式は明るくフランクな印象を心がけて、卒業式ではもう少しかっちりとしたフォーマル寄りの印象を心がけます。
幼稚園、保育園の入園から、小学校の卒業まで使うことを想定して、購入から10年後でも着れるようなデザインのママスーツを選ぶことは大切です。出来れば、入学式には明るい色、卒業式には黒というように2着あると着まわしもしやすくなります。後は中に着るブラウスや小物を変えるだけで十分印象は違います。兄弟がいるので同じのを何度も着るのが嫌だという人の場合にも、ママスーツがそのままでも小物次第で全く違った雰囲気になるものです。

入学式のスーツ選びのポイントは

子供の入学式のスーツを選ぶ時に最初の子供の時はどんな事を基準にしたら良いのか分らなかったので、入学式のスーツについてネットで調べたり、ママ友となった方に来たり、親戚で子供を持つ人に聞いたりとしました。そんな中で分ったのは入学式のスーツは決して派手にしてはいけないと言うことでした。その理由は、学校行事である事が一番に挙げられました。なので、入学式のスーツは無難な物で、学校行事に好ましいものを選ぶべきだと言う事でした。
学校行事に相応しい入学式のスーツってどんなものだろう?と、ネットなどでも画像を見ながら検討しましたが、色的にはブラック、グレー、濃紺などが一般的に好まれる入学式のスーツとして選ばれている事がわかりました。そして以外だったのはホワイトです。ホワイトのスーツは入学式のスーツとしては相応しくない訳ではなさそうなのですが、下着が透けて見えたり、ホワイトだけに目立つことから、敬遠する人が多いそうです。また入学式のスーツとしてさらっとホワイトを着こなさせる人はなかなかいないのかな?と個人的には感じました。
そこで、私が候補に挙げたのは、グレーか濃紺のスーツでした。店頭へも見に行きましたが、ネットで入学式のスーツと検索をすると、多くのネットショップで扱っているので、店頭で購入するよりも断然お買い得だと感じました。結局私が選んだ入学式のスーツは濃紺のもので、上下別々になっているタイプのものを選びました。スカートの丈は膝より下な物を選んだ方が良いとネットでも、ママ友からもアドバイスがあったので、膝下のものを選びました。また中に着るインナーはグレーのものを選びました。ホワイトのインナーだとインナーだけが浮くような気がしたので、ちらっと見える点にもかなり配慮をしたつもりです。
実際に入学式に参加して感じた事は、圧倒的に多かったのはブラックやグレー、濃紺のワンピースやツーピースで、クラスに1人いるかいないかの確立でお着物の方もいました。やはりお着物方は断然目立っていました。後々、着物のママと表現されることが多かったので、誰から見ても印象的だったんだと感じました。基本的に、入学式は子供の場合は小中高なので親としては三度参加する事になりますが、私は小中高と違う入学式のスーツを着ました。毎回同じ様なパターンになりがちですが、少しつづ変えて少しだけおしゃれを楽しみました。アクセサリーは毎回パール系のもので統一をしました。

入学式のスーツ選びに母も一緒に行きました

学式のスーツを買いに行きました。娘の小学校の入学式があるのです。私はいろいろと勉強して、どんな服装で行けばいいか私なりに考えたのです。
でも全くわかりません。どんな服装で行けばいいのか全くわからなかったのです。そこで美容師をしている母を呼びました。母はとてもおしゃれできっと良いアドバイスをしてくれると思ったのです。
母も私が子供の時には、何度も入学式には出席しているのです。だから参考になると思ったのです。
清楚なものがいいと言われました。入学式のスーツは、清楚でおしとやかなものがいいと言われたのです。実際母が今までそうしてきたみたいです。
写真で見た事があります。記憶にはないですが、写真の中の母は淡いベージュのスーツを着ているのです。どの入学式にも淡いベージュのスーツを着ていました。でもデザインはそれぞれ違うものなのです。
母と一緒にお店へ行きました。一緒に行って見てもらおうと思ったのです。私だけでは判断できないでしょう。
入学式が近いのでいろんな入学式のスーツが売られていました。白いもの黒いもの、そしてベージュのものもありました。今までスーツを着る機会がありませんでした。だから私はこうやってスーツを選ぶ事もなかったのです。
入学式のスーツは派手なものは避けたほうがいと言われました。自分のお気に入りのものが一番ですが、できるだけ派手なものは避けたほうがいいのです。入学式は子供が主役なのです。だから母親は控えめにしていないといけないのです。そう言われて私はやっとわかってきました。
なぜ母が入学式のスーツをベージュにしていたのかわかってきたのです。これだったら子供が目立ちます。あくまでも子供のイベントなので、その脇役である母親が目立ってはいけないのです。
だから私は入学式のスーツには、グレーのスーツを選びました。これなら入学式のスーツとしてとてもふさわしいと思ったのです。入学式のスーツを着る機会は少ないでしょう。でもこうやって入学式のスーツを選ぶ事はとても楽しい事でもあるのです。子供の成長ごとのイベントでもあるので、とても楽しいものだという事がわかってきました。子供が成人するまでに何度入学式があるでしょう。そう多くはありません。でもこうやって心に残るイベントがあるたびに、私は楽しく入学式のスーツを選ぶ事ができるでしょう。
母にも感謝しています。母の気持ちが私にはわかってきたのです。今親になってそう思えます。

晴れの日に相応しい、入学式のスーツ選び

お正月を過ぎ、一月も中旬頃になると婦人服売り場には卒業式や入学式のスーツが並び始めます。子供が幼稚園に通い始めるから、初めて購入するという方もいると思います。どんな服装にすればいいのか、悩みますよね。そこで、晴れの日に相応しい入学式のスーツをご紹介したいと思います。入学式のスーツとして多く見かけるのは、ブラウスやワンピースにジャケットのセットでしょうか。シフォン素材のブラウスに、ツイード生地のジャケット、少し光沢のあるスカートが多いですね。多く見かけるという事は、それが入学式のスーツとして選ぶには無難だということになります。入学式のスーツには白やベージュ、ピンク、サックスなどの明るいカラーを選びましょう。落ち着いた色味が好きだからと、全身黒系まとめては失敗します。全身黒は卒業式で着るべきスーツです。また年代別でも変わってくるようです。
・20代の母親の服装
みんなと同じような入学式のスーツを着るのは嫌だし、なんだかおばさん臭くて抵抗があるという方もいると思います。スカートは少し膝上ならOK、スカートが嫌ならパンツスタイルでも大丈夫です。しかし、入学式というTPOをわきまえない服装は周りから浮きますので、気を付けてくださいね。
・30代、40代の母親の服装
清楚で上品な服装が好まれます。入学式のスーツで定番のコサージュも派手なものは避けた方が無難です。柄ストッキングはダメ、若い子に対抗せず年相応の服装が求められます。ワンピースやブラウスの上にノーカラージャケットやテーラードジャケットを羽織り、スカートは膝丈です。無難ではありますが、入学式のスーツとして素敵な服装になるのではないでしょうか。
服装が決まれば後は靴やバックです。靴はスーツの色味と合わせたパンプスがいいでしょう。ヒールは5センチ程度。リボンや花飾りが付いていても大丈夫です。しかし、アニマル柄やファーが付いたもの、ピンヒールは入学式にふさわしくありませんので注意してください。バッグは無地のフォーマルバッグがおススメです。クラッチバッグや上品な革バッグもいいですね。高級ブランドのロゴ入りバッグや、あまりにも派手なものは避けましょう。靴もバッグも黒やベージュなどのものを1つ持っていると、入学式だけでなく卒業式や結婚式など、いろいろな場面で使えるのでいいですね。メイクはナチュラルメイクを心掛けましょう。気合を入れてまつ毛バサバサの濃いメイクで挑むと、だれも近寄ってこない可能性があります。
入学式は子供が主役とわかっていても、服装選びには気合が入りますよね。入学式のスーツに黒を選んだら、1人だけ葬式みたいで失敗した。無難なものを選んだが、もう少し華やかな服装にすればよかった。ストッキングの予備を持っていなくて伝線したまま写真撮影。などなど、入学式のスーツについて失敗や後悔している声が多いようです。その点、パパはいつものスーツだし楽だなぁなんて思ってしまいます。
スーツをかっこよく着こなしている人は素敵です。
それは男性も女性も同じこと。仕事ができるように見えますし、おしゃれにも見えます。人の見た目は中々重要なポイントです。第一印象は、その人の印象を決定的に決める重要なものだとも言えるでしょう。
ママになっても、かっこよくママスーツを着こなせる、という人は、人々の憧れの的になるでしょう。
ママスーツとは、同じスーツでも、動きやすいものでなければなりません。
子供さんの急な動きに対応できないママスーツでは、安全性にも問題が出てくるのです。
行動の制約が大きいタイトスカートなどのスーツよりも、動きやすいスーツがママスーツとしては重要ポイントになります。
パンツスタイルや、動きやすいスカートなどで、子供さんの急な動きにも対応できるママスーツをじっくり選んで似合うものを選びましょう。
身幅も、ゆったりしているタイプの方が動きやすいですし、ちょっとした食事会などでたっぷり食べてもお腹が目立たないゆとりがあったりすると、安心してお楽しみ会にも参加できます。
ママスーツは余裕をもって、という合言葉がありますが、サイズ的ゆとり、動きやすいというゆとり、お値段も、子供さんが万が一汚しても、笑顔で対応できるゆとりがあればグッドです。
私も1時期保険会社の外交員をしたことがあります。結構無地のママスーツを着て通勤していました。朝、洋服選びにあまり時間がかからないのはとてもラッキーでした。仕事に出かける時は、もう毎日が戦争で、子供の幼稚園のお弁当作りをはじめ、家事をこなすのもとても大変でした。そんな時に、自分は、仕事が、ママスーツだったのは、持っているスーツも限られているので朝、選ぶのにも時間はかかりません。
でも、夏のママスーツはちょっときつかったです。やはり、暑くて汗が半端ななく流れ、上着を手にもって歩くこともしばしばです。ママスーツの欠点は、やはり、夏場の暑い時期にあると思います。Tシャツとか、ブラウスだけであれば、どんなにか涼しくもあり、楽だったかと思います。ママスーツは、夏場はちょっと薄い素材のもの、麻とか、薄めの記事でできてはいますが、洗濯が難しく、麻の素材のものはクリーニングに出していました。外回りをする営業の日は、1日で汗びっしょりになり、ママスーツも1日でクリーニングするということもあります。
ママスーツの欠点は、単価が高いということもあります。長く着るので仕方がないかとも思いますが、ママスーツを購入するときは、勇気がいります。そういう時は、洋服指定なければなぁーとも思いますが、長く着れば、元が取れると思おうとしています。ママスーツ
出産前に着ていたスーツは、何時も身にぴったりの、硬い素材、できる硬派な女をイメージしたスタイルでした。しかし、出産しましてから、ママスーツを選ぶ時には、硬派で仕事ができる、というイメージに、人生を楽しもう、というイメージをプラスして選ぶようにしています。
ママスーツは、仕事先だけではなく、子供もその服装を見ますので、ちょっと幸せ感あふれるイメージがただよっていましたら素敵です。
美しいプリントのあるワンピースにジャケットスタイル、というママスーツは、年若い女の子には真似しにくい貫録があるものです。
ママスーツ、それは、若い女の子に真似できない幸せを感じさせるスタイル、を表現したものに出来れば最高です。動きやすいスタイルであり、着心地の良い素材、無理のない価格、ママスーツを着ている人から余裕の微笑みがこぼれるようなスタイルは人生の成功者が着る衣装と言っても過言ではありません。
子供がいる、という人は愛されている人です。子育ては大変ですが、子供は無条件に母親を愛してくれているという宝物です。スーツ選びも窮屈なスタイルはおやめになって、ゆったりとした衣装、ゆったりとした気持ちになれるスタイルを選びましょう。
ページ上部へ戻る